5600BBを買ったら他の時計を着けなくなった話。

G-SHOCKを買った革製品

腕時計を買いました。
しばらく前に笑
G-SHOCKの5600というモデルのソリッドカラーズというシリーズの真っ黒と、奥さんはBaby-Gの560CUというやつの真っ白を買いました。

30歳手前の夫婦でG-SHOCKって笑

と思う人もいるかもしれませんが、G-SHOCKの魅力について語りたいと思います。
(中学校の入学祝いでおばあちゃんに買ってもらって以来、十何年ぶりのG-SHOCKなのでG-SHOCK自体は詳しくはないです笑)

見た目が抜群にいい

G-SHOCK

買った理由はズバリ見た目 です。
シンプルでいてしっかりとG-SHOCKであることがわかるフォルム。
文字盤までも黒で統一されているデザイン。
黒以外をほぼ使っていないので服への合わせやすい。

G-SHOCKといえばゴツく、ビビットな色の物を想像しやすいですが、この5600BBはシンプルです。
すごいシンプルです。
それでいてしっかりとG-SHOCKの機能を持っています。

基本は5600

G-SHOCK

5600BBは5600系のG-SHOCKなので基本的に水につけても投げても殴っても 壊れません。
かなり雑に扱っても大丈夫です。
G-SHOCKの前は奥さんに買って貰ったメタルバンドの腕時計をしていました。
その時計からG-SHOCKに変えて驚きました。

軽くて気を使わなない。

G-SHOCKって軽いんですね笑

メタルバンドの腕時計も大きいものはなく、ごく一般的なサイズの物でしたが、G-SHOCKをつけてみたら
今、本当に腕に時計してる?
と思うくらい軽さに衝撃を受けました。(少しオーバーかもしれませんが本当にいつも付けていた時計と重さが違いました。)

しかも、汚れても防水なので腕時計ごと洗えます。
これが意外と便利で、時計つけたまま子供と全力で公園の砂場で遊んでも時計が気になりません。
メタルバンドの時計だったら砂がバンドの中にはいったりするのが気になったりしてていましがG-SHOCKは気になりません。
G-SHOCKのウレタンのバンドは砂でどうこうなりませんし(^o^)
更に遊具で遊んで時計をぶつけても、普通の腕時計なら画面に傷が付きますが、G-SHOCKなら画面に枠があるのでよっぽど当たり方が悪くない限り、直接画面にダメージが入る事はほぼないです。

画面が光る

画面光ります。
みんな知っている機能ですが、暗い所で地味に役立ちます。
アナログの時計とかだと光らないので夜や暗い所で時間を確認する時は結局、ポケットに入っているスマホを取り出してスマホで時間を確認するという手間が発生します。
腕時計は時間を確認できた方便利 です笑

最後に…

G-SHOCKの写真を取ろうとしたら案外汚れていました。
特に真っ白な奥さんのやつが。
真っ黒だと汚れも目立たないのでやっぱりおススメです。

コメント