MacBookの充電器でiPadとiPhoneを急速充電できるらしい。

Apple

iPadとiPhoneの充電端子はLightning。

MacBookはUSB-C。

iPadとiPhoneの電源アダプタはUSB-A。

MacBookの電源アダプタはUSB-C。

なので、iPadとiPhoneの充電ケーブルはUSB-A to Lightning

MacBookはUSB-C

iPadとiPhoneは共用で使える。

MacBookは使えない。

必然的に充電器2個とケーブル2本。

Lightning端子を使っている端末を使っているのでしょうがないと思っていたら、何と!

MacBookの充電器でiPadとiPhoneを急速充電できるらしい!

先に何が必要かを言うと急速充電対応の電源アダプタ急速充電対応のケーブルがあればできます。

かなり早く充電できます。

急速充電ができる端末

まず、初めに急速充電ができる端末から。

iPhone や iPad を高速充電する
一部のモデルの iPhone や iPad では高速充電機能を使えます。iPhone を約 30 分で最大 50 % まで再充電できます。

以下のモデルの iPhone や iPad は高速充電できます。
iPhone 8、iPhone 8 Plus 以降
iPad Pro (12.9 インチ) (第 1 世代以降)
iPad Pro 11 インチ (第 1 世代以降)
iPad Pro 10.5 インチ
iPad Air (第 3 世代)
iPad mini (第 5 世代)
iPhone は、約 30 分でバッテリーを最大 50 % まで高速充電できます。
Apple USB-C – Lightning ケーブルと以下のいずれかのアダプタを使う場合に、高速での充電が可能です。
Apple 18W、29W、30W、61W、87W、または 96W の USB-C 電源アダプタ
USB Power Delivery (USB-PD) に対応する、互換性のある他社製の USB-C 電源アダプタ
お手元の Apple 電源アダプタがどれかわからない場合は、アダプタの底部に記載のワット数を確認してください。

Apple 公式

比較的新しい端末であれば急速充電が可能です。

急速充電可能な充電アダプタ

18W以上の充電アダプタであれば充電が可能です。

純正で付属している端末だと以下のようになります。

USB-CのMacBook

18W USB-C 電源アダプタ

  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPad Pro 12.9 インチ (第 4 世代)
  • iPad Pro 12.9 インチ (第 3 世代)
  • iPad Pro 11 インチ (第 2 世代)
  • iPad Pro 11 インチ

20W USB-C 電源アダプタ

  • iPad (第 8 世代)

上記の端末があれば付属の充電器で高速充電が可能です。

続いてケーブルの話。

ケーブルに注意

急速充電可能な端末、電源アダプタの説明が終わり最後にケーブルのお話です。

iPad ProやiPhoneのProシリーズなどは元から急速充電可能は電源アダプタとケーブルが同梱されてるので、問題はありません。

問題は、それ以外の端末で、私が所有しているiPhone 8やiPad Air 3などが該当します。

純正のUSB-A – LightningのケーブルのUSB-AをUSB-Cに変換しても急速充電はできません。

急速充電には、USB-PDという規格に対応したケーブルを使用しないと出来ない仕様になっています。

基本的にUSB-PDはUSB-C規格になっており、USB-Aには対応していません。

つまり、iPhone 8などを急速充電するためには、USB-PD対応のUSB-C – Lightningケーブルが必要になります。

USB-C – Lightningケーブルを購入しましょう。

失敗例

公式サイトの急速充電のページをさらりと見て、MacBookの充電器を使いまわせる事を知り、自宅にあるiPad、iPhoneで試してみました。

使用したのは、MacBook Proを購入した時に同時に購入した、Apple純正のUSB-C – USB-Aの変換ケーブル

これで、iPadもiPhoneも急速充電ができると思い、試しにiPadを充電してみることに。

ワクワクしながら待つこと10分。

充電中のiPadを見てみてるといつもと変わらない。

iPadがダメなのかと思い、次にiPhoneを充電開始。

いつもと変わらない。

公式サイトの急速充電のページをよくみてUSB-PDに気が付き、急いでAmazonでアンカーのUSB-C – Lightningのケーブルを購入、(純正よりも少しだけ安かったので)

無事に急速充電が可能になりました。

まとめ

対応機種で、USB-PD対応電源アダプタ、ケーブルを使用すると急速充電ができる。

どうしても我が家にあるiPadとiPhoneはLightning端子なのでUSB-C – Lightningのケーブルは必要でしたが、2つ使っていた充電器を1つにすることが出来たので充電の手間が1工程減りました。

互換性があるのは便利です。

コメント