Readee(リーディー)で本棚も電子化しませんか?楽天ユーザーにオススメ!

楽天kobo(電子書籍)

Kindle、楽天kobo、電子書籍じゃない紙の本…

この本読んだような読んでないような…

同じ作者の本や同じジャンルの本だと本のタイトルが似ている事が良くあり、「この本読んだことあったっけ?」となる事はありませんか?

私はあります!

そんな時に「Readee」(リーディー)使いましょう!

便利です!

Readeeとは?

楽天が提供しているアプリで電子本棚です。

インターネットや電子書籍が普及して勢いよく本屋さんの数が減って来ている今。

本棚までもデジタル化してます!

アプリをダウンロードして楽天IDで登録すればすぐに使い始められ、自分の好きなようにアプリの中で本の整理が簡単に出来ます。

ちなみに、「Readee PLUS+」(リーディープラス)というアプリもあり、こちらは実際の本屋さんで使うとポイントが貯まったり、クーポンが発行されたりとお得になるアプリです。

楽天のデータを反映

楽天直営の楽天ブックスで買った本(紙の本や電子書籍)が自動で本棚に反映されます。

電子書籍を使っている方だと分かると思いますが、電子書籍って本によって電子書籍化されてないんですよ。

古めのメジャーじゃない本は特に。

なので、読んでみたい本が電子書籍がないときは紙の本を買ったりします。

普段は電子書籍をメインで使っているので、電子書籍なら楽天koboの画面を見ればどんな本を読んだか一目でわかりますが、紙の本と楽天koboの電子書籍だとそうはいきません。

どんな本を読んだのか一目でわかるように整理したい!

そんな時にこのReadee!

楽天をメインで使っている方ならいちいち検索して登録しなくても大丈夫です。
設定のところで楽天ブックス 履歴データ連携にチェックを入れれば、あとは勝手にやってくれます。

楽天以外で買った本も大丈夫。

楽天以外で買った本も検索の機能があり、本のタイトルなどで検索して本棚に追加することが可能。
検索にヒットしなかった場合はタイトル、著者などを直接入力して登録する機能もあるのでどんな本でも整理できます。

好きな本棚を作れる。

自分の好きな本を好きなようにまとめた本棚を作る事もできます。

私の場合だと「筋トレ」「ビジネス」「株式投資」などの項目をつくって分けてます。
この自分で分けた本棚が面白くて、本棚に本が溜まっていくとなぜか嬉しくなります。
しかも、電子本棚なので本が増えても物理的な場所を取りません。

新刊棚

メニューには新刊棚という項目があり、自分の本棚の中の著者の新刊が並んでいます。
さらに、本の詳細を確認出来るように楽天ブックスへ飛ぶ事も出来ます。

楽天ブックスに飛ぶ=買える

ずるい。笑

ただ便利です。

あと、タイムラインの機能があり他のユーザーの読んだ本などが見れます。

本は読めない。

本を整理して、楽天ブックスに飛んで本を買ってというのは出来ますが、このアプリから本を読むことは出来ません。

本棚アプリとして割り切って使いましょう。

最後に…

そもそもなぜReadeeを始めたのか?
本を整理するためでもありますが、Kindle Unlimited(Amazonの本読み放題サービス)を始めたからです。
Kindle Unlimitedで読んだ本をお金を出して買いたくないので笑
さらに、iOSとAndroidに本の読み上げ機能がある事も知って前よりも本を読む量が増えたこともあり、これからさらに使う頻度が増えそうです。

Readee 公式

Kindle 公式

コメント