Apple WatchとiPhone12にセリアの液体フィルムを塗ってみた!

Apple

Apple Watchは裸で使いたい!

本格的な液体フィルムは高い。

しかも、液体フィルムを購入してもApple Watch以外に今のところ使い道がない。

なので、効果なものは買いたくない。

そんな中で知った、セリアの100円で売っていると言う液体の保護フィルム。

硬さは、硬度3H。

ダイヤモンドとかの硬度ではなく、おそらく、鉛筆の硬度と同じだと思う。

大体、人間の爪とか国産車の塗装と同じくらいの硬さのフィルムだと思う。

爪で引っ掻く攻撃よりも弱い攻撃であれば防げるのはわかる。

爪で引っ掻くような攻撃だったら保護フィルムを塗っていない状態でもつくことはない。

しかも、塗るタイプなので、貼るタイプのフィルムに比べて皮膜が薄い。

貼るタイプのフィルムのように厚ければ、その分ダメージも吸収してくれる可能性はあるが、薄いのでダメージの吸収効果も期待できそうにない…

ということで、塗る意味があるのかどうか疑問がありますが、買って塗ってみました。

ついでにフィルムが貼られていないiPhone12の裏面にもぬりぬり。

よく振る

パッケージはこんな感じ。

裏面に説明が書いてありましたが、写真を撮らずに捨ててしましました。

濡れている布と乾いている布、仕上げ拭き用の布、液体フィルム本体が入っています。

液体フィルムはアルミのような容器に入っていて、プラスチックの栓がしたりました。

溶剤を攪拌するためによく振ります。

付属の濡れている布と乾いている布で画面を拭きます。

液体たらす

スマホであれば確か5滴くらい垂らすと書いてありました。

使い道がないので多めに垂らしました。

伸ばす

付属の乾いている布をひっくり返して、伸ばしました。

10分乾燥

拭き取る

付属しているメガネ拭きのような布で仕上げ拭きしました。

2度塗り

使い道がないのと、保存ができないらしいので2度塗りしました。

2度塗りをして効果があるかは、分かりません。

ですが、少しは効果があるんじゃないかと。

効果は?

正直、わからないです。笑

犠牲被膜として考えれば、何もしていないよりは良い気がします。

強度に関しては、カッターや鍵などでガリガリすれば絶対に傷が付くので試してはいません。

家の中に3H以上の鉛筆がないか探しましたが、ありませんでした。

なので効果は分かりません。

今度思い出したら、鉛筆買ってきます。

コメント