ひとまず落ち着いたApple Watchのアクセサリーの話。

購入して約1年くらいほぼ毎日装着しているApple Watch。

飽きて使わなくなるかと思っていたら、予想外に使っています。

使っていくうちにベルトや画面が気になり始め、サードパーティーのアクセサリーを購入していることに気が付きました。

ということで、購入して良かったグッズを紹介します。

ULOE ケース

IMG 1984

最近購入したケース。

Amazonで1,000円くらいで販売していて、レビュー良かったので
購入してみました。

装着してみての感想は、しっかりしているです。

IMG 1988

画面はもちろん、サイド部分もしっかりと覆ってくれます。

画面の操作には何の影響もありませんでした。

デジタルクラウンとサイドボタンの操作は、若干やりづらくなります。

というのも、しっかりと覆われるがためにケースの高さがデジタルクラウンと同じくらいの高さになっている為です。

ただ、価格を考えると許容範囲ではないかと思います。

ULOEに行き着くまで

IMG 1987

左 前のケース
右 ULOEケース

購入してしばらくは裸で使っていました。

個人的には、Apple WatchもiPhoneの裸の状態が一番かっこいいと思っています。

ただ、Apple WatchもiPhoneも私からすると安い物でもないので、裸で使う勇気が出ません。

しかも、iPhoneとは違い、Apple Watchは基本的に腕につけているので、どこかにぶつけて傷をつける可能性があります。

Apple Watchの画面は結構擦り傷に強いらしいので心配はないのかもせれませんが…

ということで、初めは100均で販売している塗るタイプの画面保護剤を使用していました。

効果があったのかどうかは分かりませんが…

この保護剤を塗ってから、サードパーティーのベルトを購入し、おまけでケースがついてきました。

そのケースを使っているうちにケースが黄ばんできて見た目が嫌になってきたので、買い替えました。

ベルト

UntitledImage

最近のお気に入りは、ブレイデッドソロループの非純正品。

楽天で1,300円くらい

ブレイデッドソロループのことを検索したことがある方であればどこかで見たことがあるようなメリット・デメリットになりますが、書きます。

良い点
サラサラ感続く
ベルトのつなぎ目がない
伸びるので、Apple Watchを肘の方へずらせることと。
悪い点
厚みがある
汚れを溜め込む

後に書くGoBe EDY BANDを装着するには、バックルがないベルトの方が良いので今はこれしか使ってません。

オレンジ以外の色も購入しようか迷っています。

メリット

ベルトの表面がシリコンではないので、使っていくうちにサラサラ感がなくなるようなことは起きません。

あと、バックルがないのでPC作業の時、気になりません。

さらに、手洗いや皿洗いなどの濡れたり・汚れたりするときに、Apple Watchを肘の方向へずらすことが簡単にできます。

あまり濡らしたくないので、地味にこのずらせるのが一番便利だったりします。

デメリット

通常のソロループと比べると編み込んでいる分厚みがあります。

あと、水や汚れを網目に溜め込むので、洗ったり、乾かしたりする必要があります。

ブレイデッドソロループ風に行き着くまで

UntitledImage

そもそも、Apple Watchを購入した時に、ずっと着け続けるのであれば穴があって通気性が良いスポーツバンドの方がいいと思いナイキモデルをチョイス。

ただ、使っていて純正バンドの硬さとゴツいさが気になってきました。

Apple WatchのベルトをAmazon・楽天で検索してみると低価格でかなり種類があることが判明。

早速、ナイロンのベルトと非純正ソロループバンドを購入。

ナイロンのベルトよりも、ソロループバンドの方が使い心地が良い。

ただ、そのままつける場合はジャストサイズですが、GoBe EDY BANDという楽天Edyを使えるようにするアイテムをつけるとゆとりがない。

純正のように細かいサイズ設定もない上に、使っていくうちにシリコンのサラサラ感が薄れてきたので、違うものを探したところ、ブレイデッドソロループ風に行き着きました。

GoBe EDY BAND

UntitledImage

以前Gショックで使っていた、腕時計に楽天Edyをつけられる便利商品

Apple Watchを購入したことによりGショックを使わなくなり、必然的にこの便利商品も使わなくなっていました。

ある日、散歩中に思い出し、帰宅後Apple Watchに装着。

Apple WatchはEdyに対応していないので、このGoBe EDY BANDをつけるだけで、支払い方法が増やせます。

あと、リクシルのカザスプラスというEdyが家の鍵になるものを使っていれば、Apple Watchが家の鍵にもなります。

Apple
スポンサーリンク
思ブロ

コメント