iPad Pro11インチにMOFT Xと背面ケースを装着した話。

iPadのケースについてどれが良いかわからず、試行錯誤した話を前に書きました。

そして、背面ケースとMOFT Xに行きつきました。

ということで、今回は背面ケースとMOFT Xについて書いていきます。

MOFT XとApple Pencilホルダー

UntitledImage
張り付けるタイプのMOFT XとApple Pencilホルダーを購入しました。

UntitledImage

MOFT Xは貼り直せる粘着剤を使っているので、使い捨てではありません。

MOFT Xの重さは100g

自体が薄いので、つけていて違和感はありません。

UntitledImage

縦向き3パターン、横向き3パターンの合計6パターンの角度で使うことができます。

UntitledImage

基本的に横向き60度になるこの状態でテーブルに置いて使うことが多いです。

Apple Pencilホルダー

UntitledImage

Apple Pencilが結構外れやすいというのをネットで見ていたので、Apple Pencilホルダーを一緒に購入しました。

Apple Pencilホルダーの重さは20g

ホルダーは磁石になっていて、MOFT Xの磁石にくっつきます。

磁石は意外に強力なので、iPadに直接Apple Pencilをくっつけるよりも安心です。

使い始めは硬いので、Apple Pencilの出し入れがひどいです。

移動中などMOFT Xを閉じている状態であれば、ホルダーを装着しておけますが、MOFT Xを開いている状態の時は、ホルダーを外さないといけないので、ホルダーが邪魔です。

UntitledImage

あと、Apple Pencilを守るためだと思うんですけど、Apple Pencilよりもホルダーが長いです。

エレコムの背面ケースが結構厚みがあるので、ホルダーと干渉してしまい、相性が悪いです。

エレコム ソフトケースと液晶保護フィルム

UntitledImage

TB-A20PMUCCR ソフトケース

UntitledImage

クリアなケースではなく、半透明なケースです。

メーカーサイトにもAmazonにも重さがかいていなかったので、他の背面ケースの重さを参考にしますが、おそらく100gくらいだと思われます。

USB-C、スピーカー穴など被わなくても良いところには、ズレもなく穴が空いています。

UntitledImage

もちろん、画面とレンズよりもケースの方が高くなっているので、どちらの面を下にしてテーブルに置いても大丈夫です。

コジマの店頭で安かったので選んだソフトケースでが、作りがしっかりとしているのでコスパは良いです。

UntitledImage

ただ、ケース自体がしっかりとして厚みもしっかりとあります。

TB-A20MFLFANG

UntitledImage

液晶保護フィルムは、光沢タイプを選びました。

今まで、Apple Pencilで書くのを重きを置いてペーパーライクフィルムを使ってきましたが、動画など見る時はやはり、ペーパーライクフィルムがあると鮮明さにかけるので、光沢タイプにしました。

画面がクリアなのはやはり、気持ちがいいです。

220gくらい増加…

フラップなしで取り出してすぐに使える仕様ということで、身軽さが大切です。

ということで、最後に重さについて買いていきます。

MOFT Xが100g。

Apple Pencilホルダーが20g。

ケースがおそらく100gくらい。

合計220g。

iPad Pro11インチの重さが471なので合わせると、700gくらいになります。

iPadを持ち歩く、持ったまま動画、電子書籍などを見るなど、軽ければ軽い方がいいはず。

軽量化をするなら、スタンドをMOFT Xではなく、もっと軽い脱着できるものに変える、軽いケースにするなど方法はあります。

悩んだ結果に行き着いた状態で、使っていて特に不満がないので、この220gがどうしても気になるようなら、軽量化について考えていきます。

キーボードも欲しいけど…

iPadを新調したこのタイミングで、今まで使っていたポータブルキーボードのHと△のボタンが機能しなくなりました。

薄型のワイヤレスキーボードを普段使っているので、これを携帯しても良いのですが、いかんせん重い…

キーボードどうしようかな…

Apple
スポンサーリンク
思ブロ

コメント