iPad Pro11インチ用のキーボードってどれが良いかわからないって話。

iPadのキーボード悩みません?

iPadをタブレットとして使うとなるとキーボードケースだと邪魔だし、かと言ってiPadで文字入力もしたいので、キーボードが欲しい。

ただ、キーボードケースではないワイヤレスキーボードとiPadを持つとなると荷物が増えて邪魔…

色々考えた結果、AppleのワイヤレスのiPad専用ではない方のMagic Keyboard(Touch ID無し)を購入しました。

どうしてMagic Keyboardに行き着いたか書いていきたいと思います。

iPad用Magic Keyboardとかも良いけど…

このブログを書くなど、ちょいちょいiPadで文字入力をします。

iPadの画面に表示されるソフトウェアキーボードでブログの文章を打ち続けるのは、ちょっとキツイのでキーボードを使って入力します。

今の時点は、背面ケースとMOFT XをつけているのでiPadの保護機能は必要ありませんが、iPadとキーボードが一体の方がシンプルで良いです。

なので、キーボード付きのケースを探ってみます。

Apple Magic Keyboard(iPad用)

しっかりとしたキーボード
トラックパッド
画面浮いてる
充電用USB-C

高価ですが、高性能です。

しかも、iPad用Magic Keyboardであれば、磁石でくっついているだけなので、開いて外せばタブレットとして使えます。

でも、タブレットとして使っている時は、裸で使うことになる…

いちいちフラップを開けるのが嫌でフラップケースをやめた私からすると、Magic Keyboardのケースを開いて、ケースから外してというのがちょっと…

ロジクール Combo Touch

キーボード取り外し可能
キックスタンド
トラックパッド

キックスタンド付きのケースとキーボード・トラックパッドがついた部分を取り外せます。

フラップのようにキーボード部分を開けるのが面倒ですが、キックスタンドにもなりますし、キーボードの他にトラックパッドも着きますし魅力がいっぱいです。

US配列があれば購入してました。

あと、Folio TouchというCombo TouchのようなUS配列のモデルもあるが、キーボードの取り外しが出来ない…

うーん…

Apple Smart Keyboard Folio

軽量
水・汚れに強い
見た目がシンプル

iPadのキーボードといえばこれというイメージが個人的にあります。

iPad用Magic Keyboard、Combo Touchと比べると大分軽く、シンプルです。

US配列もありますし、取り外しも簡単です。

ただ、フラップタイプがどうしても合わない…

最初からわかっていた事を再確認した感じになりました。

キーボードが使いたいけど、キーボードケースがしっくりこない。

となると、ワイヤレスキーボードをiPadと一緒に持ち歩くという流れになります。

キーボードケースと比べると、カバンの荷物が増えたり、iPadと別にカバンから取り出して別々に起動したり、デメリットになる部分も多くあります。

でも、タブレットとしてiPadを使用する時に邪魔にならないのはメリットだと思い、携帯できるキーボードを探すことに。

ロジクールのKEYS-TO-GOとMagic Keyboardで迷う

しっくり出来るキーボードを求めて、結構検索しました。

折りたたみ、極薄、ガラス、シリコン、木、バーチャル…

色々なキーボードがあることがわかりました。

そして、何が何だかよくわからなくなったので、キーボードに求めるものを想像してみることに。

US配列で、
あまり重たくないもので、
あまりデカくないもので、
あまりに小さすぎないもので、
見た目がシンプルで、
Apple製品と親和性が高くて…

色々とイメージして検索すると絞れてくるもので、ロジクールのKEYS-TO-GOとAppleのワイヤレスキーボードの方のMagic Keyboardが候補になりました。

KEYS-TO-GOの良さ

軽くて、薄い
コーヒーをこぼしても大丈夫そう
個人的に濃いめの青が良い

普段使うものは、自分が気に入ったものを使いたいと思っているので、この青いのが良いです。

あと、青は集中力を上げる効果があるとかいうのをどこかで見た気がするので、作業をするには良いと思う。

Magic Keyboard(ワイヤレスの方)

軽い、薄い
Apple製品
普通サイズで文字が打ちやすい

白いので、汚れが気になる。

人には、同じブランドやメーカーで揃えたくなる傾向があるそうです。

そのことが書いてあった本を読んでいて、持ち歩くものがApple製品に侵食されている、私のことを言っているんだとすぐに思いました。

Magic Keyboard購入

  • KEYS-TO-GOの方が50gくらい軽い
  • KEYS-TO-GOの方が>コンパクト
  • 定価だと、KEYS-TO-GOの方が1,000円くらい安い

何時間も文字入力をするわけではないので、使用用途からするとKEYS-TO-GOの方が合っていると思います。

ですが、Magic Keyboardを購入しました。

なぜかというと、Amazonアウトレットから新品未開封が、KEYS-TO-GOよりも少し安い価格で販売されていたから。

すみません。

キーボードの性能とかの理由ではなく、単純にキーボードを探していたタイミングで、候補のキーボードが安かったというオチで…

ただ、なんだかんだ書いてきましたが、スマートフォリオの手軽さやKEYS-TO-GOの携帯性の良さなど色々と惹かれる部分はあったので、今回購入したMagic Keyboardを自宅用にして、さらにキーボードを購入するかも知れません。笑

Apple
スポンサーリンク
思ブロ

コメント