カーハートのダック生地を柔らかくするには着て寝るのがベストという結論になった。

ワークファッション

カーハートのダック生地って硬いですよね。

ゴワゴワしますよね。

私もダック生地のデトロイトジャケットとアクティブジャケットとワークベストを持ってはいます。

デトロイトジャケットは柔らかくなってます。

アクティブジャケットも柔らかくなってきました。

ただ、ワークベストが中々しっくりこない。

肩パッドを付けているかのような肩の不自然さ。

冗談抜きでフォルムがライフジャケット笑

なので少しでも柔らかくならないか考えてみました。

ノリ落としをして普通に着る

私が1年くらい前にワークベストを買った時はノリ落としを知らなかったので、普通に洗濯をしただけでした。

ノリ落としという作業をした方が柔らかくなるんじゃないかと思います。

カーハートのダック生地の商品を買ったらまず1番最初にやるであろう洗濯。

新品の場合、そもそもが硬いダック生地にプラスして、生地を加工し易いようにノリをつけて強度を高めています。

このノリがゴワゴワ、ガチガチの原因の1つでもあります。

なので洗濯をして着るよりも、ノリ落としをしてノリがついていない状態の方が柔らかくなるはず!

ノリ落としをしてもしなくても、洗濯をして乾燥すると一時的に生地が縮んで硬くなりますが、硬い状態で着続けると生地が柔らかくなってきます。

ですが、恐らく、きっとノリ落としをした方が早くなじみ柔らかくなりやすいと思います。

実際にノリ落としをやって比べたことが無いので断言はできませんが…

ノリ落としの方法は

  • 50度とか60度くらいのお湯に1時間漬ける
  • その後普通に洗濯機で洗濯機。

オキシ漬けのような方法です。

水で洗うよりはお湯のほうがいいような気がするので、風呂の残り湯などで洗濯をするとさらにいいかもしれません。

ノリ落としと検索をするとジーンズのノリ落としのページが表示されると思いますので、ノリ落としに興味のある方はググってみてください。

着て寝る

買ってからしばらく経つのでノリ落としは試しませんでした。

ノリ落としでノリがなくなっても、ダック生地自体が硬いのでノリ落としの効果は体感できない可能性も有ります。

柔らかくなるという事は、生地が動いたり擦れたりなど生地が動く事で起きます。

普段着ている時に腕は結構動かしますが、胴はほとんど動いたりはしないと思います。

ワークベストはベストなので胴しかありません。

どうにかならないか考えてみた結果、着て寝る事にしました。

そして、結論を先にいうと洗濯するよりも着て寝たほうが効果が高いです。

ダック生地が硬くてどうしようもない時は着て寝ましょう。

着て寝る方法を説明します。

まず、パジャマなどを着ます。

そして、ワークベスト(柔らかくしたいダック生地の服など)を着ます。

布団に入ります。

寝ます。

以上です。

ワークベストを着て寝るので厚着はしないでください。

布団での調整も必要かもしれません。

私が着て寝た感想は、1日でも効果がかなりあり、3日も着て寝ればクタっとて子慣れた感じになりました。

ちなみに寝心地も案外悪くありませんでした。

最後に

試しにデトロイトジャケットとアクティブジャケットも着て寝てみました。

デトロイトジャケットもアクティブジャケットも買ってから何十回と着ているので、ただ寝づらかっただけで何の変化も感じられませんでした。

コメント