フーディニ!春夏秋使えるパタゴニアのアウターを購入した話

服 小物

ちょっと肌寒い。

そんな時に着たいアウターをここ数年欲しいと思いながら、買わずに過ごして来ました。

そんな中、昨年の冬にパタゴニアのレトロXを購入しました。

レトロXを購入して以来、パタゴニアの好きになってしまった今日この頃。

肌寒い→アウター欲しい→アウターはパタゴニア

と言う流れが自動的に完成されているので、パタゴニアの薄手のアウターを購入する事に。

その購入までの流れから、購入してからの感想を書いていきます。

THE NORTH FACE コンパクトジャケット

薄手のアウターを購入するにあたり一番最初ににイメージしたのが、THE NORTH FACEのコンパクトジャケット

実は、妻が最近、コンパクトジャケットを購入して、使い勝手が良さそうだったので、薄手のアウターが欲しくなったというところがあります。

正直、コンパクトジャケットは現物があるので、生地の薄さや肌触り、質感などがわかります。

なので、メンズのコンパクトジャケットを購入してもいいかとも思いました。

ですが、パタゴニアが欲しいです。(ノースフェイスが嫌いな訳ではありません)

という事でパタゴニアのアウターを購入することに。

Patagoniaの公式サイトへ

IMG 1280

まずは、どんな商品があるのか公式サイトへ。

お財布と相談して、なるべく低価格帯の薄手のアウターを探してみることに。

その中で、フーディニ、バギーズに目星をつけました。

フーディニはイメージしていたアウター。

バギーズはMA-1のように着れそうという理由。

Patagonia 公式サイト

Patagonia バギーズジャケット

目星をつけた2種類の比較。

  • バギーズにはフードがない
  • バギーズにはメッシュの裏地がある。
  • バギーズにはポケットがある
  • バギーズは袖と裾にリブがついている

薄手のアウターのイメージとしてはフーディニの方が近かったのですが、バギーズに惹かれました。

ぱっと見の作業着感が個人的に好き。

裏地があるので着心地も良さそう。

ただ、やはり、コンパクトジャケットのようなアウターをイメージしていたので、フーディニにすることに。

Sサイズのフーディニジャケット購入 

IMG 1281

ということで色々と迷った挙句、我が家にやってきたフーディニ

一先ず、収納してみます。

IMG 1283

不織布マスクくらいの大きさになりました。

IMG 1284

元に戻してみると、軽くシワができました。

これはどうしてもしょうがないですよね。

胸ポケットに押し込む感じで簡単に収納できます。

ポケットは収納に使える胸ポケットが1つです。

フードと裾部分に絞りがついています。

IMG 1286

IMG 1285

生地自体は光に透かすと透ける程に薄く、さらりと羽織れる感じ。

春秋はもちろん、夏の夜などちょっと何かを羽織りたいようなときにも使えそう。

168cm、50kgがSサイズを着るとこんな感じです。

IMG 1319

外出時は手ぶら派の私としては、ポケットがないのでボディバッグが欲しくなります。

これ欲しい。

Patagonia 公式サイト

コメント